2008年12月22日

正拳を鍛える◆空手家のための砂袋鍛錬講座


⇒ 拳も鍛えられる砂袋スタンドの詳細はココをクリック


今日は正拳突きの鍛錬について書こうと思います。

正拳突きを突くときは、必ず、狙った場所を正確に突くようにしてください。

水月ならば水月の一点を

上段突きで鼻の下の「人中」を狙うのなら、
人中の一点を狙って打って下さい。

その際、シッカリと脇は締まっていますか?

腰でしっかり突いていますか?

確認しながら、一本一本、大切に突いてください。

最初のうちは、5本しか突けなくてもいいです。

妥協せずに、全力で打って下さい。

1本で終わったっていいです。

少しずつ、本数を増やしていけばよいのです。



⇒ 拳も鍛えられる砂袋スタンドの詳細はココをクリック
posted by 砂袋スタンド at 11:36| 砂袋スタンド

2008年12月21日

砂袋の中身についてのアドバイス●空手家のための砂袋鍛錬講座


⇒ 拳も鍛えられる砂袋スタンドの詳細はココをクリック


砂袋スタンドをヘタに作るよりも、砂袋スタンドは購入してしまったほうが、お金と時間の節約になるという話をしました。

さて、砂袋の中身の話をしますね。

砂袋の中身はもちろん乾いた砂なんですが、砂だけだとやっぱり硬いんですよ。

僕は、無理をして砂だけをいれて、今日にいたっていますが、
先輩からいただいたアドバイスをお伝えしておきます。

砂だけだと本当に硬いんで、おがくずをまぜるといい、とアドバイスされたことがあります。

でも、砂をシッカリ乾かさないと、おがくずがくさってしまうのではないかという心配もあります。

おがくずは木でできていますからね。

また、おがくずではなく、発泡スチロールを細かく砕いたものをいれるといいというアドバイスももらいました。

蹴っているうちにさらにこなごなにならないかな?という疑問はあります。

僕自身は、おがくずも発泡スチロールも入れていないので、断言はできないのですが、お試しする価値はあると思います。


⇒ 拳も鍛えられる砂袋スタンドの詳細はココをクリック
posted by 砂袋スタンド at 23:24| 砂袋スタンド